ビジネスローンとは法人や個人事業主のみを対象とする専門ローンです。
事業の運転資金、つなぎ資金など多くの事業者は事業に関する資金の調達に頭を悩ませています。
公的機関や銀行の融資は審査基準が非常に厳しく融資を受けるのが中々難しいです。
そこで公的な融資ではなく民間の金融機関で扱っているビジネスローンを利用する方が非常に増えてきています。
ビジネスローンは審査が早く会社によっては当日中に結果通知するところもあります。
総量規制の対象となりませんので年収による借入金額の制限がありません。
公的機関に比べ金利が高くなるので長期的な利用には向いていません。
収入証明書や事業計画書、決算書の提出が必要になることがあります。
基本的に事業性資金に資金使途は限定されますが中には自由に利用できるビジネスローンもあります。
ビジネスローンのメリットは通常のキャッシングで審査に通るのが難しい方で事業を営む方でも審査通過の可能性が高いことです。
ビジネスローンは事業者のみを対象としているため個人で事業を営んでいる方も審査にフルになるということはないのです。
会社によっては審査だけなく融資も即日で対応してくれるところもありますので急ぎで事業資金が必要になった時でも対応させることが出来ます。
金利こそ高いですが上手く活用すれば事業の拡大を図ることも出来資金繰りによる不安から開放されることも可能です。アコムの在籍確認は勤務先に電話連絡は来る?土日は?

名古屋銀行では「新ミニマム」と「御用達くん」の2種類のカードローンを取扱しています。
「新ミニマム」は利用限度額10万円~最高200万円、契約時の年齢20歳以上65歳以下の方、年収条件は前年度年収200万円以上の方が利用可能です。
珍しく年収条件を課しており条件的には決して厳しいものではありませんが、パーロやアルバイトの方ですと申し込みできない人もいるでしょう。
申込み資格にはパート・アルバイト・主婦・学生は申込不可としていることからも正社員向けのカードローンといえます。
新ミニマムの最大の特徴とも言えるのが金利です。
融資利率は保証料込みで年5,5%・7.5%・10.5%とかなり低いです。
名古屋銀行で住宅ローンを利用している方は年5.5%、給与振込を利用されている方は7.5%が適用されます。
金利優遇がなくても十分に金利が低いですから十分といえます。
名古屋銀行カードローン新ミニマムは他の銀行カードローンと違って申込みに必要な書類等が多くやや手間がかかります。
本人確認書類と勤務先を確認できる資料、所得証明書、普通預金口座と取引用の印鑑が必要となります。
しかも契約手続きは窓口にて行いますので、平日仕事をされている方ですと契約するのが難しいです。
また営業区域内にお住まいの方のみが利用対象となりますので、全国度の地域からでも申込可能というわけではありません。
あくまでもエリア限定のカードローンということになります。
御用達くんは新ミニマムよりも気軽に利用できるカードローンです。
ただそれでも年収や勤続年数に条件がありますので、やや使いにくいです。
融資限度額は最高50万円、専業主婦の方は20万円を上限として利用可能です。
新ミニマム同様に必要書類が多く契約は必ず店舗窓口にて行う必要があります。
名古屋銀行をメインバンクとして利用されている方であれば利用を検討してもよいかと思いますが、そうでない方が敢えて無理して使うようなカードローンではないでしょう。気になる人はコチラから

ファクタリングとは企業の保有する売掛金を、ファクタリング事業者が買取資金を提供する事を言います。
一般的に取引先企業から支払いが実行されるまでにはタイムラグが生じます。
支払いがされるまでキャッシュフローが行き詰まってしまいますので、それを避ける手段としてファクタリングが有効です。
金融機関からつなぎ融資を受ける場合は借入金として扱いますが、ファクタリングは借入ではありません。
ファクタリングは売掛債権を譲渡するため資金化しても借入として計上されません。
売掛金は必ずしも資金化出来るとは限りません。
取引先企業が倒産してしまえば売掛金を回収することも出来ませんが、ファクタリングを利用すれば万が一取引先企業が倒産しても譲渡金を返済する必要はないのです。
これはファクタリングの大きなメリットの1つです。
但しファクタリングは三者間取引となりますので取引先企業の承諾を得なければいけず交渉や手続きに時間がかかります。
また支払期日前に資金化するためその分の手数料が発生しますので、その分だけ目減りしてしまいます。気になる人はコチラから