ファクタリングとは企業の保有する売掛金を、ファクタリング事業者が買取資金を提供する事を言います。
一般的に取引先企業から支払いが実行されるまでにはタイムラグが生じます。
支払いがされるまでキャッシュフローが行き詰まってしまいますので、それを避ける手段としてファクタリングが有効です。
金融機関からつなぎ融資を受ける場合は借入金として扱いますが、ファクタリングは借入ではありません。
ファクタリングは売掛債権を譲渡するため資金化しても借入として計上されません。
売掛金は必ずしも資金化出来るとは限りません。
取引先企業が倒産してしまえば売掛金を回収することも出来ませんが、ファクタリングを利用すれば万が一取引先企業が倒産しても譲渡金を返済する必要はないのです。
これはファクタリングの大きなメリットの1つです。
但しファクタリングは三者間取引となりますので取引先企業の承諾を得なければいけず交渉や手続きに時間がかかります。
また支払期日前に資金化するためその分の手数料が発生しますので、その分だけ目減りしてしまいます。気になる人はコチラから